プロフェッショナルな女性はどのようにして有能に見える服装をすればよいのでしょうか?

Advertisements

職場における女性の服装要件は、厳粛、保守的、威厳と寛大さであり、現代の美的基準を満たす必要もあります。

Advertisements


女性は公式活動において、パンツスーツだけでなく、スカートやワンピースなど、男性よりも多くの服装スタイルを選ぶことができます。選べる色も、深みのある安定感のある色だけでなく、女性の美しさや美しさに合わせて選ぶことができます。作品の性質、色。 選択肢が多いからこそ、着こなしやコーディネートにはより慎重になる必要があります。

公式の場における女性の服装としては、スカートが第一選択となります。 レディース スカートはメンズ スーツから進化したもので、女性の優しさ、優雅さ、エレガントな魅力を反映するだけでなく、練習、献身、成熟といったプロフェッショナルなイメージも反映します。

1.生地の選択


(1) 女性のスカートには、柔らかく、ドレープ性があり、ハリのある女性用のウール生地、ヘリンボーン、フランネル、ギャバジンなどが好まれます。 リネンや高級シルク生地もお選びいただけます。

(2) トップス、スカート、その他の服飾品は同じ生地をお選びください。

2.色の選択


(1) 仕事の要件に応じて、優雅さ、威厳、安定性を反映する寒色系の色をメインカラーとし、ネイビーブルー、ディープパープルレッド、スモーキーグレー、ブラウン、アースカラーなどの寒色系の色を選択できます。黒、白、グレーに限定する必要がありますが、明るい色も良い選択です。

(2) 衣服の色は、着用者の肌の色、体型、年齢、性格、および職場での活動に従事する特定の環境に適合する必要があります。

(3) 単色の制限はありませんが、全身の衣服の大きな色のブロックは 3 色を超えてはなりません。

3. パターンの選択

(1) フォーマルな場では、女性のスカートは柄なしを選択することも、小さなドット、明るいまたは暗いストライプなどのより規則的なパターンを選択することもできます。


(2) 動物、人物、キャラクター等のデザインはオフィシャルスタッフの業務内容に反しますので選択できません。

4. プロファイルの選択

女性のスカートの形状は大きく分けてA型、H型、X型、Y型の4種類があります。 スカートのシルエットの選択は、衣服のスタイルに依存するだけでなく、女性の体型に合わせ、長所を最大限に活かして短所を回避し、それぞれの利点を、できれば補完的に示す必要があります。

(1) タイプA。

Aタイプのスカートの特徴は、上半身がタイト、下スカートがゆったりしていることです。 フィギュアの長所をうまく反映し、短所を適切にカバーできます。

(2) タイプ H。

H型スカートの特徴は、上部が比較的広く、下部がチューブスカートになっており、上から下までほぼ同じ幅で女性の体型を強調しすぎないスカートです。しかし、優雅さと繊細な美しさを反映し、同時に有能に見えることもあります。 ふくよかな人をより繊細に見せることができ、ほぼすべての体型の女性に適しています。


(3)「X」

X字型のスカートの特徴は、ウエストが最も細く、上部がタイトフィットで、下部のスカートがフレアになっていることで、ウエストの曲線をよりよく反映できますが、より体型にこだわります。

(4)Y型。

Y字スカートの特徴としては、上半身が比較的ゆったりしていて、下がタイトで、上半身を強調するために肩パッドが入っているものもあり、ゆったりとしたタイトな形状が基本であり、以下のような女性には向きません。広い肩と厚い背中。

5、スタイル選択

女性のスカートスタイルの変化は、ジャケットの襟の形の変化、ボタンの変化、スカートの形状のさまざまな変化に反映されています。 さまざまなスタイルが女性の選択肢を増やし、自分の条件や見た目の特徴に合わせて選択できます。

Advertisements


(1) 衿には、スピアカラー、ワンラインカラー、V字カラー、U字カラー、ラウンドネック等のほか、ショールカラー、スワローウィングカラー、ビームカラー等がある。

(2) ボタンにはダブルブレスト、シングルブレスト、露出ボタン、隠しボタンがあり、ボタンの数も異なります。

(3) スーツのスタイルとしては、ワンステップスカート、シンプルスカート、スーツスカートなどのほか、チャイナドレススカート、プリーツスカート、スリットスカートなどがあります。

6. 女性がスカートを履くときのポイント

(1) 婦人服飾品

1. トップス

平らでハリのある生地を選ぶのがベストです 仕立てがぴったりしていて、仕上がりが優れていること 無地のものが適切です シングルブレストのジャケットはボタンを外しても問題ありませんが、ダブルブレストのボタンは必ず留めてください


2. ボトムス

スカートは短すぎないナロースカートが中心で、スカート丈は膝上15cm以上が目安です。

3.シャツ

スカートにはシャツがよく登場します。


(1) 軽くて柔らかい、純綿や絹などの天然素材を選びます。

(2)色は上品で品格を保ち、白やベージュなどからお選びいただけます。

(3) シャツを着用するときは、裾を垂らしたりウエストで結んだりせず、スカートのウエストに入れてください。

(4) シャツの一番上のボタンは留める必要はありませんが、他のボタンは留める必要があります。

(5) シャツの色はスカートの色と一致する必要があり、外側が暗く内側が明るい、または外側が明るく内側が濃いですが、できれば同じ色にする必要があります。

4. 履物

靴と靴下は組み合わせてお互いを補完する必要があります。

Advertisements


(1) 高さ4~6cmの中ヒールの靴を履くのがベストです。

(2) スカートを着用する場合は、通常は肌色のロングストッキングのみを着用し、格子や模様が目立つ明るい色のストッキングは選択しないでください。

(3)ストッキングを着用する場合、靴下の履き口がスカートの外に出ないように注意してください。

服装規定

(1)着用時に「三本足」になっていないこと。

(2) 革製のスカートは禁止です。

(3) フォーマルな場では素足は禁止されており、絹のストッキングが必要です。

(4) 靴下を着用する場合は、靴下を傷つけないよう注意してください。

Advertisements