西洋料理の6つのMを知らないですか? そしたら本当にアウトだよ。

Advertisements

洋食を食べるときに有名な「M」が6つあります。 絶品洋食の饗宴を味わうとき、食、音楽、雰囲気、出会い、礼儀作法、文化を統合し、6つの「M」全体が暗黙のうちに独自の絵を紡ぎ出す。

Advertisements


すべての「M」は食事の不可欠な部分であり、私たちに比類のない食事体験をもたらします。

では、6Mとは何でしょうか? ページをめくってチェックしてください!

まずは「Menu」レシピです。


喫茶店や洋食レストランに入ると、まずウェイターが席に案内し、着席するとメニューが先に出されます。 料理本はレストランのファサードであり、ボスは常に料理本を重視しており、レシピの表紙には最高の素材を使用し、中にはさまざまな美しい模様を施した柔らかい羊皮を使用するなど、非常にエレガントでエレガントな外観に仕上げています。繊細。

2つ目は「Music」音楽


高級洋食店ではバンド演奏があり、穏やかな音楽が流れていますし、普通の洋食店でも美しく上品な音楽が流れています。 ただし、ここで最も重要なのは音楽の「聴こえやすさ」、つまり「聴こえるようで聴こえない」レベル、つまり友達との会話に集中したいなら、聞こえなくなりますが、聞こえます。

Advertisements

3つ目は「Mood」雰囲気です。


西洋料理を食べるときは、エレガントな環境と調和のとれた雰囲気に注意を払います。 それに伴って音楽が流れていなければならず、テーブルは清潔で整頓されていて、すべての食器も清潔でなければなりません。 ディナーの場合は、照明を落として赤いキャンドルを灯すと、ロマンチックで魅力的でエレガントな雰囲気が生まれます。

4つ目は「Meeting」ミーティング


洋食を食べるパートナーは、親戚や友人、あるいは同じような興味を持つ人が望ましいです。 洋食器を食べるのは主に気持ちを繋ぐためなので、洋のテーブルでは仕事の話はしないほうがいいです。 そのため、洋食レストランでは基本的にとても温かい雰囲気があり、顔を赤らめる場面はほとんどありません。

5つ目は「Manner」マナー


西洋料理を食べるのですから西洋の習慣に従い、特にナイフとフォークを持ったときの急な行動は避け、体の動きの範囲が極端に大げさなものは適切ではありません。 ナイフとフォークの持ち方は正しくなければなりません。右手でナイフとフォークを持ちます。 ナイフで食べ物を細かく切り、フォークで口に送ります。 一般的にヨーロッパ人はナイフとフォークを使うときに手を替えず、常に左手でフォークを持ち、食べ物を口に送り込みます。 アメリカ人は切ったらナイフを置き、右手で食べ物を口に入れます。 いかなる場合でも、ナイフを口の中に送り込んではなりません。 洋食レストランのミーティングでは、ホストが男性を隣に座らせるように配置し、「ジェントルマンファースト」を心がける西洋紳士が女性にもてなしを尽くします。

6つ目は「MeaI」フード

Advertisements


かつてアメリカの美食家はこう言いました。「フランス人は目で食べるし、料理の形も美しい。私たちは西洋料理を鼻で食べるから鼻が大きい。舌で食べることを知っているのは偉大な日本人だけだ。」

和食は「味」が基本ですが、洋食は「栄養」が基本であり、味に関しては和食の比ではありません。

Advertisements