日本人はビジネスシーンではこう着ないといけない! 昇進・昇給も目前にあります!

Advertisements

服装は沈黙の言語であり、その人の性格、アイデンティティ、自己修養、経験、その他の情報を示します。

適切な服装はその人の外見に貢献します。

Advertisements


いわゆる服装マナーとは、ビジネスパーソンが仕事上で服装をする際のマナー規範のことを指します。

服装エチケットでは、ビジネス担当者は職業上の特徴と業界の規範に従って服装することが求められます。

ビジネスマンのドレスコード

服装のTPO原則。

TPO は Time/PlacelObject の略語であり、国際的に受け入れられている服装の原則です。

T原則とは、時代の変化、四季の変化、一日の時間の変化を考慮して服装をするということです。

P 原則は、ドレスが場所、場所、環境に適している必要があることを意味します。

仕事では凛として保守的、社交の場ではファッショナブルで個性的、レジャーの場では快適でナチュラルに、シーンに合わせて着こなしを変えましょう。


Advertisements

O 原則とは、服装をするときに旅行の目的を考慮する必要があることを意味します。

TPO の 3 つの要素は相互に関連しており、相互補完的であり、人は常に一定の時間、場所、一定の目的で活動を行うため、服装はエチケットの要件を満たしている必要があります。

ビジネスマンの服装における6つのタブー

明るすぎないようにします。明るすぎる色は注意をそらしやすく、不安定でプロフェッショナルではない印象を与えます。 ビジネスシーンでは、安定性とプロフェッショナリズムが重要なイメージ特性であるため、明るすぎる色はプロフェッショナルなイメージの深刻さを低下させます。


過度の乱雑さを避ける: 過度に複雑で乱雑な服を着ていると、混乱や乱雑な感覚が生まれやすくなります。 職場では秩序と組織性を示す必要があり、過度に乱雑な服装はそのイメージに悪影響を与える可能性があります。

露出度が高すぎる服装は避けてください。露出度が高すぎる服装は、プロフェッショナルではない、不真面目な印象を与える可能性があります。 ビジネスの場ではプロフェッショナルな外見を重視し、仕事に集中するため、露出度の高い服装は周囲から不快感を与えたり、不審に思われたりする可能性があります。

薄すぎる服を着ないようにする: 薄すぎる服を着ていると、非公式で不適切な印象を与えやすくなります。 ビジネスシーンでは、フォーマルでプロフェッショナルなイメージを伝えるために、ある程度の厚みと質感のある服装が必要です。

Advertisements


短すぎる服装は避けてください: 短すぎる服装は非公式な印象を与え、職業上の要件を満たしていません。 ビジネス環境では、服の丈を控えめにすることで、落ち着いたプロフェッショナルな印象を与えることができます。

きつすぎる服装は避けてください: きつすぎる服装は不快感を与える可能性があり、ビジネスの場には適していません。 適度なゆるさとフィット感は、職場でより自信を持って快適に感じさせます。

Advertisements