夜、スライスしたレモンをベッドの横に置いて、何が起こるか見てみましょう!

Advertisements

Advertisements


レモンには、水に入れるさわやかな甘味料としてだけではなく、まだまだたくさんの用途があります。レモンを切って、ベッドの横に置いたことはありますか?おかしな話に聞こえるかもしれませんが、ぜひ試してみてください。レモンを切ってベッドの脇に置くと、健康に良いことがたくさんあります。

切ったばかりのレモンの香りを、嫌いな人はいないはずです。爽やかな香りに加えて、黄色い実を切ってベッドの脇に置くと、多くの効能が期待できます。レモンは、自然界で最もパワフルな果物のひとつです。抗菌、抗ウィルス作用があり、多くの栄養素を含んでいます。また、ビタミンCが豊富で、健康に役立つことは誰もが知っています。ベッドの横にレモンを置くと、健康に良い効果がたくさんあります。

次のページでは、レモンをベッドの脇に置くべき理由をご紹介します!

不安とストレス

ベッドサイドのテーブルにレモンの薄切りを置いておくと、ストレスに効果があります。レモンの香りには防腐作用があり、気分に影響を与えるのです。アロマセラピストによると、レモンは天然の「ストレス解消成分」なのだそうです。気分を調節し、うつ病のバランスを取る脳の幸せな化学物質である、セロトニンの分泌を刺激します。レモンの香りがリラックスさせてくれて、夜もぐっすり眠れます。しかし、ベッドの横にレモンを置くと、不安や気分の落ち込みを抑えることができるのを知っていましたか?レモンの香りは、部屋をポジティブな雰囲気にしてくれます。やり方はレモンを4つのくし形に切り、ベッドの横のお皿に置くだけです。完全に切れないように注意して、レモンの香りに身を任せましょう!

血圧を下げる

10人に2人は高血圧だということを、ご存知でしょうか?高血圧になると頭痛、疲労感、吐き気、息切れ、落ち着きのなさなどがよく起こります。ベッドの横にレモンのスライスを置くと、夜にレモンの香りをほのかに吸い込むことができます。血圧を下げ、血中コレステロールを改善するのにとても効果的です。そうです、お読みの通りです。このシンプルな黄色の果物が、実際に血圧を下げることができます。これは間違いなく試してみる価値があります!

Advertisements